派遣社員の給与(年収)

派遣社員の給与

 派遣社員って給料が安いイメージがある人も多いのではないでしょうか?実際はどうなんでしょうね。このページでは派遣社員の給与について紹介します。

 

 

派遣社員の給与

 派遣社員の年収について紹介。

 

時給が高い派遣社員

 派遣社員の時給はパートやアルバイトに比べて、高い傾向にあります。地方でも時給1000円以上の求人は多いですし、東京であると時給1500円以上なんていうのも珍しくありません。
 特定の資格や技能をもっていないと就けない仕事だと年齢がある程度いっても、派遣社員の方が高給であるという例も珍しくありません。(薬剤師、IT関係など)

 

若いうちは派遣社員の方が稼げるケースが多い

 若いうちは、派遣社員は高時給であり、残業代もしっかりもらえることから、同年代の正社員より派遣社員の方が稼げるということも珍しくはありません。しかし、勤続年数が長くなってきて年収が上がってくると、逆転現象が起こります。

 

派遣社員の平均年収

 派遣社員の年収はどれほどなのでしょうか?平均年収は300万円前後のようです。しかし、これにはかなり地域差が有り、関東圏が飛び抜けて高く、次に関西圏、東海圏・・・というふうになっています。これらの地域以外になると、派遣社員の平均年収は200万円〜250万円ほどになるようです。

 

職種によって年収が異なる

 職種によっても時給が大きく異なります。派遣社員は時給が高いほど稼げますから、時給は大事です。
 派遣社員の業種・職種にはコールセンター、事務、IT、販売、医療・介護、技術・・・など様々あります。この中でも、時給が安いのは事務です。誰にでもできたり、できるようになること、スキルを持っている人が多い職種は必然的に時給が安くなります。
 それでは、時給が高いのはどんな職種でしょうか?時給が高い職種はITです。次に技術系です。やはり、スキルや知識をもった人が少なく、需要が高い職種ほど高時給の傾向です。

 

 派遣であっても、国家資格を所持しており、それを使った業務であれば、非常に高い年収を得ることも可能です。例えば、看護師や薬剤師派遣などがあります。
 薬剤師の転職や年収についてさらに詳しく知りたい場合にはこちら、看護師の転職や年収についてさらに詳しく知りたい場合にはこちら

 

サブメニュー

スポンサードリンク