派遣の種類。一般派遣、紹介予定派遣、特定派遣とは

人材派遣には種類がある

 人材派遣には種類があります。
 一般派遣、紹介予定派遣、特定派遣の3つがあるのですが、このページではこれら3つについて説明していきます。 

 

 

 

人材派遣の種類

 人材派遣の種類と紹介について。

 

一般派遣とは

 一般派遣で働く場合、派遣スタッフと派遣会社との間で雇用契約が結ばれます。
 派遣スタッフと派遣会社との雇用関係は、就業先が決まった時点で初めて発生します。

 

紹介予定派遣とは

 紹介予定派遣とは、派遣先企業に直接雇用されることを予定して一定期間派遣スタッフとして就業します。派遣スタッフと派遣先企業の双方に合意があれば、派遣契約期間終了後に派遣先企業との直接雇用に切り替わる派遣システムのことです。

 

特定派遣とは

 特定派遣とは、派遣就業しているときだけ派遣会社と雇用関係が発生する一般派遣とは異なります。
 特定派遣は、労働者が派遣会社に正社員や契約社員として雇用され、配属先企業に常駐する形で業務を行う派遣システムです。つまり、常に派遣会社と雇用契約を結んでいるということです。

 

まとめ

 これらをわかりやすく説明します。
 つまり、一般派遣と特定派遣は派遣会社と雇用契約を結びますが、一般派遣は派遣就業しているときのみ雇用関係が発生していますが、特定派遣は常に派遣会社の社員です。
 そして、紹介予定派遣は、直接雇用予定の派遣です。まずは派遣会社として就業しますが、企業側と派遣スタッフの合意があれば派遣先企業との直接雇用を結ぶことになります。つまり、初めは派遣会社と雇用契約を結び、双方の合意があれば、派遣先企業と雇用契約を結ぶことになる・・・ということです。

 

 

 

 

 

 

サブメニュー

スポンサードリンク