新卒で派遣社員?

新卒で派遣社員?

 新卒で派遣社員になるのはアリなのか?説明していきます。

 

 

 

新卒主義と就職留年

 日本企業では未だに新卒主義が続いています。中途採用も多くなってきましたが、中途ですから、まずどこかで経験を積まなくてはいけません。
 大学4年生で就職先が決まらなかったら・・・その時は新卒を逃さないためにも就職留年をすべきなのでしょうか?新卒主義と就職留年について説明してきます。

 

一向に続く新卒主義

 一向に日本では新卒主義が続いています。新卒とはその年に学校を卒業する人のことです。新卒主義とは企業が新卒者を優先的に採用するというか、新卒者を囲い込むことを言います。新卒を逃すと就職するのが難しく、それは大企業ほどそうであると言われています。
 数年前に3年間は新卒扱いになりましたが、やはり依然として本当の新卒・・・つまりその年に卒業する者と、新卒扱いの者・・・卒業してから3年以内の人では差別があります。
 日本では、この新卒での就職に失敗すると、もう大企業入るのは難しいと言われています。

 

新卒を逃したくないために留年も?

 そういった背景もあって、就職先が決まらなかったり、就職先に満足していない学生が、就活のために留年するケースもここ数年では多いです。新卒を逃したくないために留年するのです。この留年のことを就職留年と呼びます。略して就留です。

 

就職留年・・・お金がかかる

 とはいっても、就職留年は留年することになるのですから、その分、大学の学費が余分にかかることになります。半年は休学期間にするとしても、学校にもよりますが、休学期間にもお金がかかるような学校もあります。
 お金があるならば良いですが、親に余分に出してもらうのもきついし、自分で払うのも大変だ・・・そういった学生も多いのではないでしょうか?

 

 

 

就職留年ではなく派遣社員という選択肢

 就職留年のケースが増えているという話をしてきましたが、就職留年ではない方法をとってみることもおすすめします。

 

就留ではない選択肢

 そこで、就職留年ではない選択肢を挙げたいと思います。それは、派遣社員で大手に派遣されることです。
 大手でも派遣社員じゃな・・・と思う人もいるかもしれませんが、派遣から正社員に登用されるということも結構あります。
 先ほど書きましたが、大手に入ろうとしたら、新卒であることに加えて、高学歴ではないとなかなか大変です。しかし、派遣社員であれば、新卒の採用試験に比べて学歴にうるさくないので、高学歴でなくて大手に勤めたいという人は、派遣から正社員を狙ってみるのもひとつの手です。
 実際に、就職が決まらず、でも就職留年は・・・ということで、新卒でありながら、あえて派遣社員の道を選ぶ人も増えてきているようです。

 

学歴フィルターと新卒主義

 就職留年したとしても、前の年にダメだったものが今年どうにか成功するというのは、なかなか難しいものではないでしょうか。
 依然として日本は新卒主義の学歴社会です。嘘か誠か都市伝説で学歴フィルターなるものがあるとも言われています。この学歴フィルターにひっかかると、自動的にエントリーシートで落とされてしまうというものです。つまり、新卒であることも大事なのですが、大企業や名の通った会社に採用されようと思ったら、良い大学を出る必要があるのです(たまにこのフィルターをくぐり抜ける猛者もいるようですが・・・)。

 

なぜ派遣社員?

 繰り返しなのですが、すこし簡単にまとめると、
 日本企業は新卒主義であるために、就職先が決まらなかったとき学生は新卒のままでいたいため、就職留年をするケースが増えています。そして、そもそも学歴主義でもあるために、就職留年したとしても、高学歴でないと就職留年の意味があまりありません。そうした人たちが、大手に入ろうとしたら、派遣経由が良いのではないかということ。そして、高学歴であったとしても、そうでなかったとしても、就職留年もただではないので、正社員登用される可能性があるならば、新卒で派遣社員という選択肢もアリなのではないか、といった内容でした。この意見は、あくまでも私の意見なので、就職留年するにしろ、派遣として働くにしろ、自分で最終決定を下すようにしましょう。

 

 

 

 

サブメニュー

スポンサードリンク